Page: 1/4   >>
健康まち歩き 「旧南湖院とその周辺を巡る」〜 簡単な体力チェック付き 〜
0

     

    東洋一の結核療養所の遺構が残る「南湖院記念太陽の郷庭園」を散策、太陽の郷プールガーデン(旧医局)を見学します。まち歩きは、明治時代の人が「茅ヶ崎八景」に選んだ八雲神社や画家・萬鐵五郎が描いた場所「伴田の森」辺りを巡ります。付帯企画として、健康予防測定(バランス+姿勢計測、握力計測など)を実施。

     

    ■日時 4月24日(月)13時〜16時
        雨天時 5月8日(月)13時〜16時

    ■集合 茅ヶ崎太陽の郷 博修館(南湖7丁目12869)
    ■参加費 500円(資料代・保険代含む)
    ■申込み 必要 先着10人(受付期間 4月3日〜4月20日まで)

         電話受付 090-5202-5243 西村まで

     

    主催:NPO法人 アーバンデザインセンター・茅ヶ崎(UDCC)
    協力:(一社)南湖荘、富士ゼロックス(株)

     

    | UDCC | 10:59 | comments(0) | - |
    人と植物との係わり合い、里山での営みについて学んだ「自然観察会」
    0

      神奈川県立茅ヶ崎里山公園で

       

      県立茅ヶ崎里山公園の定例自然観察会に参加しました。今回のテーマは、植物、昆虫、鳥類などを観察しながら、生き物・人・里山のつながりを考えるというもの。総勢10名で廻りました。主催は、柳谷の自然に学ぶ会。

       

      県立茅ヶ崎里山公園内の柳谷(やなぎやと)には、田んぼ、畑、雑木林などの景観が広がり、昔の人はこの里山で生活をするために、自然を上手に利用し、手入れをしながら、さまざまな生き物と一緒に住んでいたこと、現在では生物多様性のもっとも高い保全エリアになっているとの紹介が、挨拶のなかで同会の野田代表からありました。

       

      続きを読む >>
      | UDCC | 23:38 | comments(0) | - |
      ◆まち歩きイベント情報  県立茅ヶ崎里山公園で自然観察会(2月26日)
      0

        二ホンアカガエルの卵。県立茅ヶ崎里山公園の柳谷で見つけた今年の初卵塊
        (1月10日撮影/写真提供・主催者)

         

        人々の暮らしと生き物のつながり、生物の多様性を体感してみませんか?


        案内してくださるのは、県立茅ヶ崎里山公園とその周辺で自然観察会と調査活動を行っている「柳谷の自然に学ぶ会」の会長・野田晴美さん。

         

        「人々が自然から恵みを得ようと働きかけたことが他の生き物にとって、まるでビオトープを作ったみたいになり、田んぼや雑木林が実に多様な生き物を育てていたことを伝えようと思っています」と野田さん。「今回は田んぼ編。カエルに注目しようかと思います」

         

        【日時】2017年2月26日(日)
        【集合】県立茅ヶ崎里山公園 パークセンター内 多目的ホール
        【時間】10:00〜12;00 (10時集合)
        【参加費】無料(どなたでも参加できます)
        【申込)不要
        【問合せ】(公財)神奈川県公園協会 0467−50−6058
             柳谷の自然に学ぶ会 事務局 0467−88−5586


        県立茅ケ崎里山公園 イベントブログ
         

        関連記事

        里山の景観が残る、柳谷(やなぎやと)を散策 (2016.10.30 )

        ◆まち歩きイベント情報 県立茅ヶ崎里山公園で、谷戸散策(10月30日)(2016.10.14 )

         

        | UDCC | 00:05 | comments(0) | - |
        UDCC設立記念「まちづくりシンポジウム」を開催
        0

          会場風景=茅ヶ崎市役所分庁舎6Fコミュニティホール

           

          UDCC設立とまち景創立20周年を記念して「まちづくりシンポジウム 〜公・民・学の連携で取り組むまちづくり〜」を開催しました。参加者87人。NPO法人アーバンデザインセンター・茅ヶ崎、まち景まち観フォーラム・茅ヶ崎の共催(後援:茅ヶ崎市)。
          *地域づくり団体全国協議会「平成28年度 地域づくり団体活動支援事業」

           

          ■プログラム(13時30分〜16時30分)
          1. 開会挨拶(高見澤和子)
          2. 来賓挨拶(服部信明氏:茅ヶ崎市長)
          3. まち景の20 年を振り返る(高見澤和子)
          4. UDCC が目指すこと(岡村祐)
          5. 講演1(出口敦氏:東京大学教授/柏の葉アーバンデザインセンター・センター長)
          6. 講演2(三牧浩也氏:柏の葉アーバンデザインセンター・副センター長)
           (休憩)
          7. パネルディスカッション
          出口 敦 氏/三牧 浩也氏/服部 信明 氏/澤山 敦氏(富士ゼロックス株式会社 コミュニケーション・デザイン・オフィス室長)/高見澤 和子/岡村 祐
          8. 閉会挨拶(益永律子)

           

          会場風景。写真右が当日発行した「UDCCかわら版」号外の記者席

           

          続きを読む >>
          | UDCC | 22:41 | comments(0) | - |
          まちづくりシンポジウム 「UDCCかわら版」 号外
          0


             

            シンポジウムの内容を即日記事にして「UDCCかわら版」を発行、来場者にお持ち帰り頂きました。富士ゼロックスの全面協力で実現。

             

            | UDCC | 19:20 | comments(0) | - |
            菜の花、河津桜、梅も楽しんだ「冬の野鳥観察会」
            0

              熱心に案内してくださった「文化資料館と活動する会」の皆さん

               

              茅ヶ崎市文化資料館主催、文化資料館と活動する会「自然部会」協力による『冬の野鳥観察会2017 小出川流域を歩く』に参加。西久保変電所付近を出発点に、小出川沿いを下町屋中原橋まで約3.5舛離┘螢△棒限する野鳥を観察しました。

               

              続きを読む >>
              | UDCC | 23:03 | comments(0) | - |
              ◆まち歩きイベント情報 冬の小出川流域を歩く
              0

                昨年の「冬の野鳥観察会」(写真提供:茅ヶ崎市文化資料館)

                 

                「丸ごと101−茅ヶ崎を知る101の機会−展」の冬の野鳥観察会に参加して、「住まう茅ヶ崎」を見直してみませんか?

                 

                田園風景、彼岸花、富士山の眺めが素晴らしい小出川沿いは、都市部でも自然が残されています。ハシビロガモ、オオバン、 ヒドリガモ、マガモ、ダイサギ、コサギなど、冬鳥(渡り鳥)をはじめ30種以上の野鳥に出会えるのでは。市民ボランティア「文化資料館と活動する会」自然部会の皆さんが案内してくださいます。

                 

                【日時】2017年1月21日(土曜日) 9時30分〜12時(予定)
                【コース】西久保・変電所集合、小出川を下流に向かいます。

                     中原橋(下町屋)付近にて現地解散(予定)
                【参加費】 無料
                【申込開始】12月15日(木曜日)から
                【申込先】 茅ヶ崎市文化資料館
                                0467−85−1733
                【定員】 30名(先着順)


                冬の野鳥観察会「小出川流域を歩く」|茅ヶ崎市

                | UDCC | 21:11 | comments(0) | - |
                来年1月22日 まちづくりシンポジウムを開催します
                1

                 

                UDCC設立を記念して「まちづくりシンポジウム 公・民・学の連携で取り組むまちづくり」を開催。市民、NPO、企業、行政が一堂に会し、これからの時代を担う新たなまちづくりの方策を学びます。

                 

                ■日時 2017年1月22日(日)13時30分〜16時30分
                 

                ■場所 茅ヶ崎市役所分庁舎6F コミュニティホール

                 

                ■基調講演
                 出口 敦 氏(東京大学教授/

                      柏の葉アーバンデザインセンター・センター長)
                 三牧 浩也 氏(柏の葉アーバンデザインセンター副センター長/

                       螢廛薀好┘犒弉莠実緝宗薪豕大学非常勤講師)

                ■パネルディスカッション
                 服部 信明氏(茅ヶ崎市長)
                 澤山 敦氏(富士ゼロックス株式会社

                      コミュニケーション・デザイン・オフィス室長)
                 出口 敦氏、三牧 浩也 氏(前掲)
                 高見澤 和子(アーバンデザインセンター・茅ヶ崎理事長

                       まち景代表)
                (進行)
                 岡村 祐(首都大学東京准教授/

                      アーバンデザインセンター・茅ヶ崎副理事長/

                      まち景会員)

                 

                ■費用 500円(資料代)
                    シンポジウム終了後に、

                            交流会(会費1,000円)を開催します。

                 

                ■主催 アーバンデザインセンター・茅ヶ崎/

                    まち景まち観フォーラム・茅ヶ崎
                ■後援 茅ヶ崎市
                    
                *本シンポジウムは、地域づくり団体全国協議会の助成を受けて実施します。

                 

                ■問合せ udcchigasaki@gmail.com

                 

                詳細はこちら

                | UDCC | 23:06 | comments(0) | - |
                茅ヶ崎の大山道を歩くイベントの体験レポート
                0

                   

                  農業ふれあい館

                   

                  UDCCからもご案内しておりました、12月3日の丸ごと博物館まち歩き「茅ヶ崎の大山道を歩く」のイベントに参加いたしました。当日は18人の参加者があり、みなさんも興味が高い大山道であることがうかがえます。

                  天気にも恵まれた陽気の中、江戸の行き交う人々を目に浮かべながら「文教大の学生さん」と、知識豊富な「丸ごと博物館のみなさん」の贅沢なご案内で、7Kmの道のりもあっと言う間に過ぎ、楽しい時間となりました。赤羽根は身近な場所ではありますが、大山道を歩くなかで自然豊かな森を横に富士山を望めば、貴重な景色の再発見にもつながります。スマホのカメラではありますが、道中を撮影してまいりましたのでご覧くださいませ。(H.H)

                   

                  続きを読む >>
                  | UDCC | 01:02 | comments(0) | - |
                  大学の授業で、茅ヶ崎フィールドワーク(首都大学東京都市環境学部)
                  0

                    会員制の農園「リベンデル」(茅ヶ崎市矢畑)

                     

                    ■見学者:首都大学東京都市環境学部の学生20名
                     

                    ■日時:11月25日(金)14:30〜17:00
                     

                    ■内容:観光まちづくり論 II「茅ヶ崎市懐島地域の現地見学」。まち歩き音声ガイドサービス併用
                     

                    ■目的:地域の資源をどのように理解し活用するか、「風景を読む」をテーマに見学

                     

                    「懐島(ふところじま)」は古い地名で、茅ヶ崎市の中部に位置し、歴史のあるエリアです。平安末期の創建といわれる鶴嶺八幡宮をはじめとした寺社、古くからの道、農村風景など、数多くの景観資源が残されています。

                    今回は先祖代々引き継いできた農地を活かし、コミュニティ農園、築約50年の日本家屋のスタジオを運営している「リベンデル」を訪問、代表・熊澤弘之さんからお話を伺いました。

                     

                    続きを読む >>
                    | UDCC | 23:55 | comments(0) | - |

                    Calendar

                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << March 2017 >>

                    Profile

                    Search

                    Entry

                    Comment

                    Archives

                    Category

                    Link

                    Feed

                    Others

                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    Mobile

                    qrcode