Page: 1/6   >>
えにしだ基金の支援が決定 「下寺尾・香川地域のまち歩き音声ガイド」事業 
0

     

    UDCCは、下寺尾官衙遺跡群を中心とした下寺尾・香川地域のまち歩きを気軽に楽しんでもらおうと、期間限定で「まち歩き音声ガイド 香川・下寺尾」を無料貸し出し中です(3月14日まで)。

     

    このほど、平成29年度えにしだ基金からの支援が決定しました!

    決定支援額:金 150,000円。

     

    音声ガイドの管理費、使用費等に充当させていただきます。過去との対話を通して将来を展望するまちづくりができるよう頑張ってまいります。

     

    えにしだ基金は茅ヶ崎湘南ロータリークラブが、地元と手を取り合いながら未来に歩を進めるために創設した基金です。「生き生きとした街づくりに貢献したい、明日を担う子どもや若者たちを支援したい、みんなが平和に暮らせる世界をつくりたい」という思いが込められています。

     

    平成29年度は10団体が支援を受けます。「七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業実行委員会」も支援を受けます

     

    *茅ヶ崎湘南ロータリークラブ 第1998回 例 会 2018年2月14日(水) の卓 話 (動画)で、えにしだ基金に関する報告がご覧いただけます。

    http://chigasaki-shonan-rc.com/2017wr/0214.html

     

    http://udcc.jugem.jp/?eid=51

     

    UDCC遺跡まちづくりプロジェクト

    | UDCC | 20:50 | comments(0) | - |
    【体験レポート】 古代に思いを馳せた、下寺尾官衙遺跡群まち歩き講座
    0

      まち歩き講座の様子

      (下寺尾廃寺(七堂伽藍跡)で行われた古代の地盤改良工事について説明)

       

      1月17日午前中、「下寺尾官衙遺跡群をより楽しむための まち歩き講座」(主催:茅ヶ崎市教育委員会)に参加してきました。七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業・文化資料館特別展(1月21日まで)に合わせて開催されたミニ講座の一つ。参加者は、市内外から11名、遠くは埼玉県志木市や横浜市からも。案内役は、発掘調査を担当されている文化財保護担当所属の若手職員。

       

      「下寺尾官衙遺跡群」は、2016年に国の史跡に指定されました。茅ヶ崎市北西部、小出川沿いに位置し、約1300年前の郡役所・寺院等の痕跡を残しています。2017年に保存活用計画が策定されました。

       

      続きを読む >>
      | UDCC | 21:30 | comments(0) | - |
      ◆まち歩きイベント情報 国指定史跡下寺尾官衙遺跡群 まち歩き講座 (1月13日、17日)
      0

        七堂伽藍跡碑の前で(写真提供・茅ヶ崎市教育委員会)

         

        市の発掘調査担当者から現地で解説を聴く「下寺尾官衙遺跡群をより楽しむための まち歩き講座」。1300年前の遺跡だけでなく、弥生時代や縄文時代の遺跡の説明もあります。

         

        香川駅を出発。

        茅ヶ崎で最も古い砂丘の上に建てられた下寺尾廃寺(七堂伽藍跡)を南側から眺め、高座丘陵の南西端に位置する郡家(郡役所)へ。

        郡家の周囲を巡り、舌状台地上であることを実感。

        坂を下って、小出川へ。川沿いからは、川津(船着き場)祭祀場(さいしば)の遺構が発見されています。

        ゴールは、下寺尾廃寺(七堂伽藍跡)。

         

        天気が良ければ富士山と大山の眺めがすばらしい!

         

        【日時】2018年1月13日(土)10時〜11時・13時〜14時

                 1月17日(水)10時〜11時・13時〜14時
        【集合】JR相模線香川駅
        【解散】七堂伽藍跡碑の前
        【参加費】無料
        【定員】各回先着20人(電話で申込)
        【申込・問合せ】社会教育課文化財保護担当 0467−82−1111

         

        遺跡調査発表会・七堂伽藍跡・下寺尾官衙遺跡群をより楽しむ ... - 茅ヶ崎市

        (茅ヶ崎市公式HP)

         

        関連記事

        報告 「遺跡×景観」香川・下寺尾まち歩き(11月26日)

         

        | UDCC | 15:17 | comments(0) | - |
        七堂伽藍跡碑建碑60周年 記念式典
        0

          開会の辞 実行委員会会長の小出まちぢから協議会会長・矢野福徳さん

          茅ヶ崎市長が来賓あいさつ

           

          七堂伽藍跡碑建碑60周年記念式典が、12月16日(日)10時〜12時、めぐみの子幼稚園駐車場(下寺尾169)で行われました。主催は、七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業実行委員会。神奈川県教育委員会、寒川町教育委員会、学校法人荻野学園めぐみの子幼稚園、神奈川県立茅ケ崎北陵高校が協力。事務局は茅ヶ崎市教育委員会社会教育課。

           

          服部信明茅ヶ崎市長から「60年前に七堂伽藍跡碑を造っていただいたことが、多くの人に大寺院の存在を伝えるスタートになり、今日につながり下寺尾官衙遺跡群として国の史跡に指定されました。今後、様々な人々の力添えをいただき連携して、素敵な遺跡を伝えていく形をつくりたい。本日は、意味ある節目の日です」と来賓挨拶がありました。

           

          会場風景

          後方では小出まちぢから協議会が、記念タオル・「七堂伽藍」の焼印つきアンパン・地元野菜などを販売

           

          続きを読む >>
          | UDCC | 10:27 | comments(0) | - |
          公開プレゼンテーション「『下寺尾官衙遺跡群』遺跡まちづくり」
          0


            会場風景=茅ヶ崎市役所本庁舎4階会議室2・3

             

            UDCCは、平成30年度・31年度事業実施の市民提案型協働推進事業に「『下寺尾官衙遺跡群』遺跡まちづくり」を応募しました。事業費は、平成30年度169万9千円、平成31年度250万。担当課は社会教育課。

             

            現代の地域での営み(くらし・なりわい)と遺跡との接点から、下寺尾官衙遺跡群の価値を理解し、活用方法を検討したいと考えています。

             

            続きを読む >>
            | UDCC | 22:44 | comments(0) | - |
            報告 「遺跡×景観」香川・下寺尾まち歩き(11月26日) 
            0

              「富士と大山」撮影会のよう(七堂伽藍跡、茅ケ崎北陵高校そば)

               

              11月26日、七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業の協賛事業として「『遺跡×景観』香川・下寺尾まち歩き」を実施しました。参加者5名。

               

              最高のまち歩き日和でした。国の史跡に指定された奈良時代の下寺尾官衙遺跡群の下には、6千年前の縄文時代前期の西方貝塚、弥生時代の環濠集落があります。富士山と大山の眺めがすばらしい大地に、大昔から人々が手を入れ、暮らし続けてきたことに想いを馳せながら巡りました。

               

              まち歩きの最後は、明治5年創業 145年の歴史を持つ湘南唯一の蔵元・熊澤酒造。レストランとして使われている大正時代の酒蔵や古民家など、素敵な建物群を見学させていただきました。

               

              主催:NPO法人アーバンデザインセンター・茅ヶ崎(UDCC)
              協賛:茅ヶ崎市教育委員会社会教育課
                 七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業実行委員会

               

              続きを読む >>
              | UDCC | 15:31 | comments(0) | - |
              まち歩き音声ガイド・茅ヶ崎 横浜ガジェットまつりに出展
              0

                大賑わいになったUDCCのブース

                 

                「横浜ガジェットまつり 2017」(11月17日・18日)に「まち歩き音声ガイド・茅ヶ崎(香川・下寺尾エリア)」を出展しました。手作りガジェットや発売されたばかりのガジェットを見て触って、開発者に話を聞いたり、ワークショップや講演会に参加したり。大人から子どもまで、誰もが楽しめる体験型交流イベントです。富士ゼロックス株式会社、横浜市経済局の共催。

                *ガジェットとは、道具、装置、仕掛けのこと(ウィキペディアより)

                 

                会場風景(富士ゼロックス株式会社R&Dスクエア3F)
                 

                続きを読む >>
                | UDCC | 15:17 | comments(0) | - |
                【体験レポート】丸ごと博物館の会 文化財まち歩き「下寺尾官衙遺跡群を歩く 機
                0

                  七堂伽藍跡碑の前で

                   

                  立冬を前にした先週の土曜日(11月4日)に、「ちがさき丸ごとふるさと発見博物館の会(略称:丸ごと博物館の会)」が主催する文化財まち歩き「下寺尾官衙遺跡群を歩く 機廚忙臆辰掘香川・下寺尾周辺を巡りました。この催しは七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業の関連イベント。

                   

                  それでは、丸ごと博物館の会のみなさんに案内してもらいましょう。

                   

                  ▼JR相模線・香川駅前に9時30分集合。参加者20数名が6人のスタッフに引率されて出発。

                   

                  続きを読む >>
                  | UDCC | 22:59 | comments(0) | - |
                  ◆まち歩きイベント情報  「遺跡×景観」香川・下寺尾まち歩き(11月26日)
                  0

                    七堂伽藍跡からの富士山(写真中央)と大山の眺めが素晴らしい

                     

                    UDCCが主催する、七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業のまち歩き。現代の風景のなかにある地形や土地利用を手がかりに、縄文時代から連綿と住み続けてきた人々の営みに思いを馳せます。

                     

                    明治5年創業、湘南に残された最後の蔵元「熊澤酒造」を見学、カフェでコーヒー。湘南ビールと日本酒の蔵も可能な範囲で見せていただけることになってます。

                     

                    【日時】11月26日(日)9:00〜12:00

                    【集合】JR相模線香川駅改札口

                    【定員】15名

                    【申込】11月1日(水)〜11月20日(月)

                    【参加費】500円/モキチヴルストカフェのコーヒー付

                    【主催・申込先】アーバンデザインセンター・茅ヶ崎(UDCC)

                             メール udcchigasaki@gmail.com

                     

                    熊澤酒造の中庭

                     

                    七堂伽藍跡建碑60周年記念事業 (茅ヶ崎市公式HP)
                    国指定史跡・下寺尾官衙遺跡群(しもてらおかんがいせきぐん)|茅ヶ崎市

                     

                    関連記事

                    七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業 始まる(2017.10.11)

                    七堂伽藍跡氏建碑60周年記念下寺尾官衙遺跡群まち歩きシリーズ(2017.10.23)

                     

                    http://udcc.jugem.jp/?eid=51

                     

                    | UDCC | 23:31 | comments(0) | - |
                    【視察】 茅ヶ崎フィールドワーク(首都大学東京都市環境学部)
                    0

                      鶴嶺八幡宮参道の東側に広がる農地とその向こうに見える旧家の土蔵と生垣

                      (写真左はサービス付き高齢者住宅)

                      旧家の生垣。下の段はマキ、上の段がモチノキ

                       

                      ■見学者:首都大学東京都市環境学部の学生22名

                       

                      ■日時:10月27日(金)14:15〜17:00

                       

                      ■内容:観光まちづくり 供岾ヶ崎市懐島地域の現地見学」。まち歩き音声ガイドサービス併用

                       

                      ■目的:地域のくらしや歴史を理解し、どのように活用するか、「景観まちづくり」をテーマに見学

                       

                      源氏が関東に進出したときに守り神として最初に建てた神社、平安末期の創建と言われている鶴嶺八幡宮を中心としたエリアを巡りました。農地がまだ残り古い集落の面影も残っていますが、少しずつ宅地化が進み変化しています。
                      その様な中、先祖代々引き継いできた農地を活かしたコミュニティ農園があります。暮らしを育てる農園〜別荘のような体験農園〜「リベンデル」を訪問し、代表・熊澤弘之さんにお話を伺いました。

                       

                      続きを読む >>
                      | UDCC | 23:20 | comments(0) | - |

                      Calendar

                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode