Page: 1/3   >>
国史跡 下寺尾官衙遺跡群で、「七堂伽藍跡 遺跡見学体験イベント」を開催しました
0

    晴天に恵まれ、富士山・大山 絶景=七堂伽藍跡

     

    11月24日(土)・25日(日)の両日、七堂伽藍跡とその周辺で「遺跡見学体験イベント」を開催しました。

     

    AR(拡張現実)、バルーン、縮小模型の3種類の展示をガイドツアーで巡り、遺跡だけでなく富士山・大山、郡衙跡の台地、小出川・駒寄川といった周辺環境とのつながりを実感しようという企画に、2日間で132名が参加しました。

     

    アンケートでは、初めて下寺尾官衙遺跡群を訪れたという人が53%。また、発掘調査現地見学会、七堂伽藍跡碑建碑60周年記念事業など、これまでも下寺尾官衙遺跡群関連イベントが開催されてきましたが、これらのイベントに参加したことは無いという人が49%(複数回答)でした。

     

    今回、これまで来なかった人たちにも遺跡の魅力を伝えることができました。
     

    主催:アーバンデザインセンター・茅ヶ崎(UDCC)
       首都大学東京観光科学域 岡村研究室
       茅ヶ崎市教育委員会
    協力:横浜国立大学地域連携推進機構 Next Urban Lab
    *公益信託大成建設自然・歴史環境基金(平成30年度助成金)を受けて実施

     

    ◆朝日新聞・湘南版(2018年11月25日朝刊)に掲載されました。
    「イメージ画像でかつての寺再現 茅ヶ崎の遺跡群見学会」

     

    続きを読む >>
    | UDCC | 23:57 | comments(0) | - |
    遺跡見学体験イベントに向けた実地テスト 第2弾
    0

      古代寺院の金堂をARで眺める=七堂伽藍跡で

      ARの金堂の色を検討中

       

      11月24日(土)・25日(日)に「七堂伽藍跡 遺跡見学体験イベント」を開催します。主催は、アーバンデザインセンター・茅ヶ崎(UDCC)、首都大学東京 観光科学域 岡村研究室、茅ヶ崎市教育委員会。


      5ヵ所の視点場を回り、ヽ道訶西譴らのARの見え方、▲張◆爾離イド内容とルートの確認を行いました。皆様、お楽しみに!

       

      日程:2018年11月24日(土)・25日(日)

            雨天順延(12月1日・12月2日)
      受付時間:10:00-11:00/13:00-14:00
      問合せ:茅ヶ崎市社会教育課(0467-82-1111)

      当日の問合せ先:070−2612−4434(UDCC 高見澤)

       

      http://udcc.jugem.jp/?eid=80

       

      関連記事

      遺跡見学体験イベントに向けた実地テスト 第1弾(2018.10.27)

       

      | UDCC | 22:09 | comments(0) | - |
      【遺跡まちづくり】UDCCオリジナル手ぬぐいを制作
      0

         

        「七堂伽藍跡 遺跡見学体験イベント」(11月24日・25日)に合わせて、UDCCオリジナル手ぬぐいを制作しました。「七堂伽藍」のロゴとUDCCのロゴを配しています。小出地区まちぢから協議会 下寺尾遺跡部会のご協力をいただき実現しました。

         

        遺跡見学体験イベントのガイドツアー(所要時間約1時間)で3種類の展示(AR・バルーン・縮小模型)を体験、アンケートに協力いただいた参加者に進呈します!多くの皆様のご参加をお待ちしています!

         

        日程:2018年11月24日(土)・25日(日)

              雨天順延(12月1日・12月2日)
        受付時間:10:00-11:00/13:00-14:00
        問合せ:茅ヶ崎市社会教育課(0467-82-1111)

         

         

        ◆カテゴリー:UDCC遺跡まちづくりプロジェクト

                          http://udcc.jugem.jp/?cid=13

         

        | UDCC | 16:05 | comments(0) | - |
        ちがさき遺跡まちづくりプロジェクト勉強会を開催しました
        0

           

            遺跡の保存と活用について熱く語る田尾先生(左)、岡本先生(右)

           

          「この場所が茅ヶ崎市民に好まれる場所、歴史を学べる場所になって欲しい」
          「たくさんの人たちが集まり、コンサートイベントや防災にも役立つ場所に」

           

            10月31日の夜、茅ヶ崎市役所の会議室で、ちがさき遺跡まちづくりプロジェクト勉強会を開催しました。
              講師は、茅ヶ崎市文化財保護審議会委員として、下寺尾遺跡群の保存と活用にご尽力されている岡本孝之先生と田尾誠敏先生のお二人です。冒頭のメッセージは、両先生に遺跡活用の将来的なあり方をお聞きした時に、表情を和らげつつお答え頂いた言葉です。周辺住民だけでなく、茅ヶ崎市民全体にとってもこの遺跡群が価値ある場所になって欲しいと願う、先生方の熱い思いを感じました。

           この勉強会は、11月24日(土)・25日(日)に開催する「七堂伽藍跡 遺跡見学体験イベント」に先立ち、開かれたものです。参加者は本イベント主催者であるアーバンデザインセンター・茅ヶ崎(UDCC)、首都大学東京 観光科学域 岡村研究室、茅ヶ崎市教育委員会社会教育課、そして本活動を支援する横浜国立大学Next Urban Labのメンバーで、多様な観点から上記遺跡群への理解を深めるために実施しました。

           

           

          関連記事:七堂伽藍跡 遺跡見学体験イベント 11月24日・25日 

          続きを読む >>
          | UDCC | 23:06 | comments(0) | - |
          遺跡見学体験イベントに向けた 実地テスト 第1弾
          0


            七堂伽藍の講堂の位置を示すためのバルーン

            背景の富士山・大山と相まって、現代アートっぽい!?
             

            11月24日(土)・25日(日)に「七堂伽藍跡 遺跡見学体験イベント」を開催します。主催は、アーバンデザインセンター・茅ヶ崎(UDCC)、首都大学東京 観光科学域 岡村研究室、茅ヶ崎市教育委員会。

             

            遺跡だけでなく富士山・大山、郡衙跡の台地、小出川・駒寄川など周辺環境との関わりを実感してもらえればと考えています。

             

            七堂伽藍跡で開催された第17次確認調査現地見学会に参加し、終了後に実地テスト。今回は視点場を回りながら見え方の確認、バルーンの高さ・間隔を検討しました。

             

            続きを読む >>
            | UDCC | 23:56 | comments(0) | - |
            七堂伽藍跡 遺跡見学体験イベント 11月24日・25日
            0

               

              UDCCは、首都大学東京と茅ヶ崎市社会教育課と協働して、国指定史跡の下寺尾官衙遺跡群を対象とした遺跡見学体験イベントを開催します。本イベントは、AR、バルーン、模型の3種類の方法で、遺跡とその周辺環境との関わりを知って頂くことを目的としています。また、将来的な遺跡(歴史公園)整備に向けての一つのステップとして、遺跡の展示方法を検討します。

               

              日程:2018年11月24日(土)・25日(日)
                   雨天順延(12月1日・12月2日)
              受付時間:10:00-11:00/13:00-14:00
              問合せ:茅ヶ崎市社会教育課(0467-82-1111)

               

              *協力:横浜国立大学地域連携推進機構 Next Urban Lab

              *このイベントは公益信託大成建設自然・歴史環境基金

               平成30年度助成金を受けて実施します。

              | UDCC | 23:50 | comments(0) | - |
              【遺跡まちづくり】300年以上続く香川の旧家の12代目 新倉建さんにインタビュー
              0

                社会福祉法人ひざしの丘 顧問、行政書士、宅地建物取引士の新倉さん

                 

                遺跡地の南側に位置している香川で生まれ育った新倉建さん(77歳)。

                 

                61年前の七堂伽藍跡碑建碑式で司会をされたお父様は「七堂伽藍関係でよく出かけていました。石だ、瓦のカケラじゃと言って持って帰ってきました」。そして、火事で焼け落ちた梵鐘が「川か田んぼ。そこら辺に埋まっているはずだと口癖のように言ってました」

                 

                ご自身も、子どものころからずっと梵鐘が出て来るかなとの思いを持ち続けてきたそうです。「昔に想いを馳せるロマンの場所であって欲しい。縄文、弥生時代この辺りはどうであったのか。香川の間門(まかど)、堂庭(どうにわ)の地名が語るのは何か。白鳳時代の人達が香川を歩んだのだろうか。古寺のミニチュアを作って、こういうお寺があったんだよと見せて欲しい。私の小さい時からの夢を実現してください。そして後世に伝えてほしいと思います」

                 

                引き続き地元の方々へインタビューを続け、下寺尾遺跡群や七堂伽藍跡への熱い想いを伺って参ります。

                 

                関連記事

                小出地区まちぢから協議会会長・矢野福徳さんにインタビュー(2018.06.20)

                まちぢから協議会 下寺尾遺跡部会会長・斎藤賢一さんにインタビュー(2018.07.18)

                 

                | UDCC | 23:18 | comments(0) | - |

                Calendar

                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                3031     
                << December 2018 >>

                Profile

                Search

                Entry

                Comment

                Archives

                Category

                Link

                Feed

                Others

                無料ブログ作成サービス JUGEM

                Mobile

                qrcode