Entry: main  << >>
【遺跡まちづくり】創業明治5年の「熊澤酒造」 熊澤茂吉さんにインタビュー
0

    湘南に残された最後の蔵元 熊澤酒造株式会社6代目当主の熊澤茂吉さん

     

    下寺尾遺跡群の高座郡衙跡(県立茅ケ崎北陵高校)の南側の崖の上から眺めると、篠山遺跡・北C遺跡の台地の緑がすばらしく、まち歩きの大切なスポットになっています。

     

    篠山遺跡には、樹木に囲まれた湘南ローンテニスクラブがあります。この山林は熊澤さん(50歳)のお祖父様の代から土地を買い増し、現在は多くが熊澤家の敷地になっているとのことです。これを維持するためには相続税などが大変ですが「次の代に渡すことへの意識はめちゃめちゃ高いです」と熱く語る熊澤さん。国指定史跡「下寺尾遺跡群」をどう見ていらっしゃるか聞きました。

     

    「僕としては、高座郡衙跡や七堂伽藍跡が観光施設とか観光バスとかが来るような集客の場所になるのは相応しくないと思っていて、例えば毎年、木を植えてここが鎮守の森みたいな感じになったらいいかな。茅ヶ崎の中で特別な歴史ある場所として、立派な施設はないけれど空気感があるというか」

     

    さて、昨年6月から約1年かけて地元の方々から貴重なお話しを伺ってきました。多くの皆様と共有したいと思い冊子にまとめます。年内の発行を目指します。

     

    写真左からスリーハンドレッドクラブ、篠山遺跡、北C遺跡の緑の眺め

    =県立茅ケ崎北陵高校の南側の崖の上から

    写真奥の山林を背負っている白い建物が熊澤酒造の工場

    湘南ローンテニスクラブ(篠山遺跡)からの下寺尾の台地の眺め

     

    関連記事

    小出地区まちぢから協議会会長・矢野福徳さんにインタビュー(2018.06.20)

    まちぢから協議会 下寺尾遺跡部会会長・斎藤賢一さんにインタビュー(2018.07.18)

    300年以上続く香川の旧家の12代目 新倉建さんにインタビュー(2018.10.17)

    七堂伽藍跡碑のそばにお住いの野崎治男さんにインタビュー(2019.02.05)

    香川在住のネイチャーアーティスト・森上義孝さんにインタビュー(2019.04.05)

    高座郡衙跡近くにお住いの佐藤和親さんにインタビュー(2019.04.19)

    「佐藤牧場」の佐藤誠さんとお母様にインタビュー(2019.05.13)

    「伊右衛門農園」の三橋清一さん、清高さん親子にインタビュー(2019.06.04)

    | UDCC | 23:05 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode