Entry: main  << >>
小出川フットパス 踏査 第2弾を実施
0

    UDCCは法人設立4年目の新事業として、小出川フットパス構想をスタートさせました。「歩くまち茅ヶ崎」の実現を目指します。

     

    今回の調査は6月の下流域に続き中流域。国道1号の下町屋橋から民話「河童徳利」発祥の地の大曲橋までが対象です。小出川に親しむ会、三翠会、河童徳利ひろば準備委員会の皆さんにも加わっていただき実施しました。


    関係者の皆さんとのコラボレーションで構想を進めていきたいと考えています。

     

    *「フットパス」とは、イギリスを発祥とする『森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】』のことです。(日本フットパス協会

     

     

    ▼下町屋親水護岸。小出川を身近に感じてもらいたいと「小出川に親しむ会」が毎年7月に開催している「おさかなびっくりコンサート」の会場

     

    ▼木の実の散策路。「小出川に親しむ会」が1995年に植樹、維持管理しています。QRコードで詳細を検索できる樹木名札がうれしい!

     

    広大な畑が広がる萩園南土地改良区。完成記念碑(平成12年2月建立)

     

    ▼花の小径(こみち)。「小出川に親しむ会」が2007年に植樹。草木も鳥も昆虫も魚たちも共存できる環境になるように配慮して手入れをしています。

     

    ▼萩園橋上流の眺め

     

    ▼木工沈床という多自然型工法の岸辺でカルガモとコサギが仲良く

     

    ▼懐島山の碑。頼朝の側室の子・島津忠久のえなを埋めた伝えられている「えな塚」の場所が、新湘南バイパスの建設で分からなくなってしまわないようにと地元の有志が1970年に建立

     

    ▼食べて自然保護の生き物ブランド米「湘南タゲリ米」生産地。地元農家と自然保護グループ「三翠会」の地道な努力が実り、見事な田園風景が広がっています。

     

    ▼民話「河童徳利」をモチーフに描かれたアートペイント。NPO法人湘南スタイルと茅ヶ崎市が実施した協働推進事業「落書き防止・抑制のためのペイント事業」。UDCCも協力。

    (参照)http://udcc.jugem.jp/?eid=42

     

    ▼(仮称)河童徳利ひろば整備予定地。2020年度から一部供用が開始されます。地元の「河童徳利ひろば準備委員会」の皆さんと意見交換。

    (参照)http://machikeikan.jugem.jp/?eid=176

     

    ▼民話「河童徳利」をモチーフに描かれたアートペイント(茅ヶ崎中央IC交差点西側地下道)。2020年度から使われる図画工作の教科書に、浜之郷小学校の生徒が参加した「河童徳利のアートペイント」として紹介されています。

     

    画像をクリックすると拡大されます。

    ルート図を片手に、訪れてみてください。

     

    関連記事

    小出川フットパス構想 始動!(2019.06.13)

     

    小出川に親しむ会の紹介記事
    タウンニュース茅ヶ崎版「きれいな川を次世代に」(2019年4月26日号)

     

    三翠会 ホームページ

     

    (仮称)河童徳利ひろば整備事業 資料(PDF) 茅ヶ崎市HPより

     

    | UDCC | 23:37 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode